<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.16 Saturday  | - | - | 

【早慶・MARCH】を視野に入れた高2のための日本史勉強法

早稲田・MARCHなどの難関私大合格を視野にいれた勉強法。(高1〜可)

こちらのやり方はとにかく、読んで覚えるというより、
問題演習を積み重ねながら理解していく方法です。

〇垣邏飢塀
必ず!音読をしながら、【太字・重要語句】を暗記ペンでチェックしていきます。
その際に注意したいのが、そのできごとによって後々の歴史にどのような影響をあたえたのかという点です(論述問題でよく聞かれますね。)

ex.■承久の乱…1221年
・背景…後鳥羽上皇の朝廷勢力挽回策→西面の武士設置
・経過…後鳥羽上皇、北条泰時(2代執権)追討の院宣を発す
・乱の歴史的意義…武家政権が確立する契機となった事件
このような、戦乱がおきる→その結果○○が××となる契機となった。と書いてあるところは大切ですね。この場所を色ペンで必ずラインです!

¬簑蟒検はじめる日本史50テーマを使用します。(以下引用)
■他の参考書にはみられない重要語句の指定!
ex.
赤の文字・・・テストによくでる最も重要な語句
黒の文字・・・赤文字の次に重要な語句。これもよくでます。

アンダーラインには次の2種類。
赤の波線・・・センター試験などマークシート方式の問題でよくねらわれる部分。
黒の波線・・・論述問題でよくねらわれる部分。
また、重要史科図表も赤シート対応で載っています。
重要語句整理→練習問題
学校の復習・定期試験対策に。

L簑蟒検実力をつける日本史100題(はじめる50と同時進行)

問題は標準レベル。
解答が冊子別になっているだけあり、かなり詳しいです。
繰り返すうちに流れがつかめると思います。
定期テスト〜受験対策まで対応。

+αで超速!最新日本史の流れ
勉強の合間などに読書として読むのもいいと思います。


■まとめ
1、2年生の時は定期考査を暗記の軸にして、インプット→アウトプット!
定期考査では上位に入れるような意識でやるといいですよね!


2008.02.16 Saturday 18:38 | comments(116) | - | 

【早慶・MARCH】を視野に入れた高2のための日本史勉強法

早稲田・MARCHなどの難関私大合格を視野にいれた勉強法。(高1〜可)

〆目の問題集はじめる日本史50テーマ4879155535を使用します。
■他の参考書にはみられない重要語句の指定!
ex.
赤の文字・・・テストによくでる最も重要な語句
黒の文字・・・赤文字の次に重要な語句。これもよくでます。

アンダーラインには次の2種類。
赤の波線・・・センター試験などマークシート方式の問題でよくねらわれる部分。
黒の波線・・・論述問題でよくねらわれる部分。
また、重要史科図表も赤シート対応で載っています。

このように、どれが覚える必要がある語句なのか、
そうでないのかが一目瞭然というわけです。

この参考書の実践問題はそのまま書き込むのではなく、
『日本史演習ノート』などを1冊つくり、書いて、書いて!覚えてください!


∈目の問題集は
『30日完成スピードマスター日本史問題集日本史B』を使用します。
この参考書は『詳説日本史B』の太字の語句を中心に設問が構成されている本です。
流れをつかむのに最適な参考書です。学校の授業があったその日に復習するのがいいですね。

ここまでやると、何が試験で重要なのかを把握することができ、
『重要ポイント』のみを記憶できたことになります。

そして、知識を体系化するために、『超速!日本史の流れ』を使用します。
この参考書は、日本史を物語風に語ったシリーズで、政治史を中心にした歴史の流れを重視した本です。読書気分で読んでも全然構いません。試験にあまり関係ない情報を大胆にカットした本であるため、内容の網羅性には、少し疑問がありますが、それを凌駕するほどの面白さです!

ここまでやれば高2としての流れをつかむための日本史は十分だと思います!
2007.12.09 Sunday 08:00 | comments(2) | - | 

定着度をアップさせる!復習のやり方。

合格勉強法!(仮)
『定着度をアップさせる!復習のやり方。』
◎早朝反復法!◎

寝る直前の1,2時間を使い、日本史など暗記モノの勉強をします。

暗記の作業が終わったら、すぐに寝ます。ここが、重要なポイントです!

(暗記以外の情報を入れずに、すぐに寝てください。)

そして翌朝目に起きてすぐ、前の日の夜にやった暗記をもう一度、行います。

起床後、30分間の勉強は昼間の3時間に匹敵!(すごいですよね!)

なので、このように暗記(構築)→睡眠→アウトプット(再構築)を行うと、
より記憶を定着する事が出来ます。

ぜひ、実行してみてください。

僕は定期試験のときなどはこの方法を使っています。
やはり、反復が大切ですね!
2007.12.08 Saturday 08:00 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |